幸せを運ぶ鳥取銀行
鳥取銀行とは
天然記念物の鳥取砂丘は観光地として有名ですが、その鳥取砂丘がある鳥取県鳥取市は鳥取銀行が指定金融機関になっています。市が指定金融機関にするなら県も同じ銀行を指定金融機関にするという地域もありますが、鳥取県の指定金融機関は島根県松江市に本店がある山陰合同銀行になっていて鳥取銀行は指定代理金融機関です。これは山陰合同銀行が鳥取県と島根県の山陰地区を基盤として営業しているからです。
鳥取銀行は1921年(大正10年)に創設された地方銀行で、鳥取県を中心に全国で66店舗を営業しています。鳥取県に本店を置いているのは鳥取銀行だけしかありません。ですから、地元に対するサービス精神は強く常に鳥取県の皆様のことを考えた銀行であるよう心掛けています。支店の多さだけでなく、ATMも駅前やスーパーの中など普段利用している身近な場所や山に囲まれた地域にも多く設置されていてとても便利です。県外では島根県に5店舗、岡山県に4店舗、大阪府と広島県に1店舗ずつ支店があります。
多くの地方銀行は東京都へ支店を構えていますが、鳥取銀行は東京都に事務所とローンプラザがあるのみで支店はありません。ですから、中国地方を出てしまうと少し不便かもしれませんが、鳥取県内では利便性が良く、アットホームでどんなことでも相談しやすい雰囲気の銀行なので困った時には頼りになるはずです。鳥取銀行には「鳥取支店」があります。
だからどうした?と思うかもしれませんが、本店がある都市名をそのまま支店名にする銀行は、実は全国的に見るとそれほど多くありません。意外ですよね。ほとんどの銀行は「○○駅前支店」というような支店名を付けています。鳥取支店は以前は別の名前が付けられていましたが、三和銀行(本店は大阪・現在の三菱東京UFJ銀行)から三和銀行鳥取支店を引き受けた際にそのまま鳥取支店という支店名を引き継いだのです。他には、琉球銀行那覇支店、足利銀行宇都宮支店などがあります。
CONTENTS
幸せを運ぶ鳥取銀行
金融庁ってどんなところ?
便利なデビットカード