便利なデビットカード
デビットカードはどんな時に使う?
普段の生活の中でデビットカードが使える機会はたくさんあります。まず、一番使うことが多いときは買い物でしょう。思いがけない突然の出費、財布の中にお金があまり入っていないときや反対に高額のお金を持ち歩きたくないとき、買い物をする予定が無かったのに欲しいものを見つけてしまったときなど、自分の用途やタイミングで使うことができます。ATMへ寄る手間も手数料を払う必要もなくなるので、忙しい時や休日の買い物には重宝することでしょう。
それから、通信販売やネットショップなどで買い物をして支払う時に代引きでデビットカードを使うことができます。運送会社大手の佐川急便は「e‐コレクト」、ヤマト運輸は「宅配便コレクト」という名称で扱っていて、宅配便の配達員に言えば専用の機械で決済処理をしてくれます。デビットカードを使えば家に居ながら支払いができるので、所持金が無くて再配達してもらったり、慌てて銀行に駆け込む必要がありません。
それから、タクシー会社によってはデビットカード用の支払い機器を車内にセットしてある車があります。遠くへ出かけたり、思った以上に料金がかかってしまったときなどデビットカードで支払うことができたら助かりますよね。知られていないだけで、実はデビットカードが使えるところは身近にあるのです。また、クレジットカードは未成年だと作ることができませんが、デビットカードはキャッシュカードさえあれば未成年でも使うことができます。
参考書や漫画、ゲーム、おもちゃなどどうしても欲しいけれどお小遣いじゃ足りない、という時にデビットカードで支払いが可能です。ただ、通帳に詳細が記載されるので親に内緒にしてもいずればれてしまうので使う際は親に相談してからの方がよいでしょう。とは言え、親が一生懸命働いて貯めてくれたお金なのでむやみに使うのはやめるようにし、親もお金の管理と子供の使い道の把握をしっかりしておかなければいけません。
CONTENTS
幸せを運ぶ鳥取銀行
金融庁ってどんなところ?
便利なデビットカード