投資を始めるならインデックスファンド
インデックスファンドの仕組み
投資にも種類があって段階を通して投資を進めていけば、初めての人でも失敗する可能性は低くなります。数ある投資商品の中で人気が高いのは「インデックスファンド」という投資方法です。インデックスファンドというとカタカナばかりでどんな内容なのかイメージしにくく難しそうに感じますが、実はインデックスファンドは値動きがわかりやすいので初心者向けの投資商品といわれています。
インデックスは株価の指標・指数のこと。ファンドは資金を集めて投資を行なう組織のことを示し、合わせて“市場の株価指標に連動した運用成績を目指す投資信託”という意味を持ちます。ここでいう指標は日経平均株価や東証株価指数(TOPIX・トピックス)MSCIコクサイ・インデックスなどのことで、これらの数値が上がればインデックスファンドの価格も上がる、これらの数値が下がれば価格も下がる、というわかりやすい仕組みになっています。
インデックスファンドは投資信託の一つですが、そもそも投資信託とはどんなものかご存知でしょうか。投資信託は、銀行や証券会社などの金融機関が投資家からお金を集めて運用会社に預け、運用会社はそのお金を元手に様々な企業や不動産、株式・債券などに投資をして運用する方法です。運用会社には運用のプロ「ファンドマネージャー」がいて、運用で得た収益を分配金として投資家に還元します。また、その投資信託が値上がりすればそれを売却して利益を得ることができます。
投資信託は分散投資することができるので損失が抑えられますし、プロが運用してくれるので安心です。インデックスファンドは、投資対象の値動きに連動することを目指す投資信託のことで、日経平均株価に連動した日経平均連動型インデックスファンド、東証株価指数に連動した東証株価指数連動型インデックスファンドなど、それぞれの指標と連動したインデックスファンドが販売されています。
例えば、日経平均連動型のインデックスファンドは「インデックスファンド日経225」や「インデックスファンド225」、東証株価指数連動型のインデックスファンドは「インデックスファンド・TOPIX」や「上場インデックスファンドTOPIX」というような名称の金融商品で販売されています。もちろん、日経平均株価や東証株価指数だけでなく、JASDAQ(ジャスダック)、JPX日経インデックス400など他の株価指数と連動した商品もたくさん販売されています。
どの商品もそれぞれの指標と連動しているということは、指標の動きに合わせてインデックスファンドの価格も同じように動くので投資信託に慣れていない人にもわかりやすく、利用しやすい内容になっています。とは言え、指標の意味を知らずにいてはインデックスファンドの良さがわからないので、自分が投資する商品がどのような内容か、連動している指標の動きはどうなっているか、しっかり把握してから始める必要があります。
CONTENTS
幸せを運ぶ鳥取銀行
金融庁ってどんなところ?
便利なデビットカード
投資を始めるならインデックスファンド
沖縄銀行を知ろう
魅力ある足利銀行