投資を始めるならインデックスファンド
東証株価指数
日経平均株価と並んで有名なのは「東証株価指数」です。東証株価指数は東京証券取引所第一部上場株の時価総額(企業の価値を市場で株価によって評価したもの。会社を丸ごと買ったときの値段を表す)などを基準として出した指標です。東証株価指数は英語で「Tokyo Stock Price Index」と言い、それを略し「TOPIX(トピックス)」と呼ばれることもあります。東証株価指数は東京証券取引所第一部で上場している全銘柄を対象に、時価総額の変動を捉えています。
上場企業の全てを対象として見ているので、東証株価指数の動きは市場全体の動きに近いといえます。一方、日経平均株価は上場企業の1700分の225社、つまり全体の13%ほどの株価での判断になります。ですから、日経平均株価に影響する一部の株価が値上がっただけで日経平均株価全体が値上がる場合があります。そのため、日経平均株価が上がったのに自分が持っている銘柄の価格は全然上がらない、ということもありますが、そんなときには東証株価指数を確認すると良いでしょう。
日経平均株価は日本経済新聞社が発表していますが、東証株価指数は東京証券取引所が直接発表をしていて、新規上場や上場廃止があったときは対象になる構成銘柄の増減があります。東証株価指数は内閣府が公表する景気の総合指標「景気動向指数」に採用されているので、東証株価指数を見れば日本の景気状況を知ることができます。
日本の指標は日経平均株価と東証株価指数だけでなく様々あり、どれも株式市場の相場動向や景気判断の指標、投資商品の判断材料など多くの方面で利用されており、個別銘柄だけでは判断しにくい株式市場の状況を知るためには欠かせないものです。インデックスファンドの中には外国の株式や債券を扱う商品もあるので、日本の指標だけでなくダウ平均株価やMSCIコクサイ・インデックスといった海外の指標にも注意を向けてみると、投資の幅が広がります。
CONTENTS
幸せを運ぶ鳥取銀行
金融庁ってどんなところ?
便利なデビットカード
投資を始めるならインデックスファンド
沖縄銀行を知ろう
魅力ある足利銀行
かなり便利な筑邦銀行
長い長い歴史をもつ百五銀行
西日本シティ銀行をご存じですか?