投資を始めるならインデックスファンド
インデックスファンドのメリット
投資信託は投資する人に代わって運用の専門家であるファンドマネージャーが運用を行なってくれます。ですから、あまり知られていない優良銘柄や穴場の株式などを知っていて個人ではできないような投資に挑戦することができます。しかし、その分ファンドマネージャーに販売手数料や信託報酬といった手数料を支払わなければいけません。そのため何回も売買したり複数の商品を扱ったりすると手数料だけでも結構な金額を取られてしまいがちです。
その点、インデックスファンドはファンドマネージャーを使わず投資対象の値動きに連動して機械的に運用する仕組みになっているので、他の投資信託商品と比べて手数料が安く設定されていたり、手数料がかからないものもあります。また、コストが低いだけでなく少ない金額から始められます。さらに、インデックスファンドは対象の指標と連動した値動きになっているのでわかりやすく、長期的に安定した投資を行えます。
例えば日経平均株価と連動したインデックスファンドを日経平均株価が1万円の時に10万円分購入した場合、日経平均株価が1万5千円に値上がればこのインデックスファンドの価値は15万円になり、逆に日経平均株価が9千円に値下がればインデックスファンドも9万円の価値になってしまう、というわかりやすい構造になっています。15万円の時に売れば5万円の利益になりますし、もし9万円になってしまってもまた上がるまで辛抱強く持ち続けていれば損は出ません。
日経平均株価などの指標は多くの企業の株価や時価総額の平均値を出しています。ですから、数千円の値動きはありますが、1万円がいきなり10円や1円になるような極端な下落はありませんし、大幅に下がってもいつかは上昇します。長期的にコツコツ続けたい人や、どこにいくら投資するかといった資産配分の計画をしっかりしたい、という人にはおススメです。インデックスファンドをやることで日本の経済に興味を持つきっかけにもなります。
CONTENTS
幸せを運ぶ鳥取銀行
金融庁ってどんなところ?
便利なデビットカード
投資を始めるならインデックスファンド
沖縄銀行を知ろう
魅力ある足利銀行
かなり便利な筑邦銀行
長い長い歴史をもつ百五銀行
西日本シティ銀行をご存じですか?
利用したくなる宮崎銀行